週末だけのファスティングで気軽にキレイを実現!おススメドリンク3選も!

2020 4/23
目次

週末ファスティングとは?

テレビや雑誌でファスティングという名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

ファスティングとはいわゆる【断食】のこと。

断食といっても、水だけで過ごすものとは違い、酵素ドリンクなどで最低限の栄養素を補いながら行う安全性の高い断食をファスティングと呼びます。

週末ファスティングとは、週末の休みを利用して行うファスティングのこと。

いわゆる短い期間のファスティングになります。

週末ファスティングはどんな人に向いている?どんな人に向いていない?

ファスティング自体に向き不向きは特にありませんが、仕事柄、お付き合いが多くてスケジュールを作るのが難しい方は長期間のファスティングがやりづらいと感じることもあるでしょう。

そんな方でも、週末の休みや空いた日程でできるのが週末ファスティング。

忙しくて平日は食べないと動けない!

ファスティングやってみたいけど長い間食べないなんて無理!

なんて人にも向いています。

気軽に取り入れられるのが、週末ファスティングの魅力です。

半日ファスティング、1日ファスティングとの違いは?

雑誌やテレビでよく『半日ファスティング』、『1日ファスティング』などという表現を聞くかと思いますが、違いは単純に期間です。

【ファスティング=断食】なので、どのくらいの期間を行うか、だけの違いです。

半日ファスティングなら半日、1日ファスティングなら1日、週末ファスティングは週末お休みの方などが1日から2日間ファスティングを行うことをいいます。

半日ファスティングとは?

半日(12時間)だけ何も食べない期間を作る、というのが半日ファスティング。

半日だけ固形物をとらない時間を作りますが、朝食でも夕食でも、自分の都合のいいほうに合わせてOKです。

1日ファスティングとは?

丸1日ファスティングで何も食べない期間を作ることをいいます。

1日だけでもまったく固形物を胃腸に入れないので、体に負担をかける可能性があります。

そのため、ファスティング前日には胃腸を慣らしていく『準備期間』を設け、ファスティングが終わったら胃腸を戻していく『回復期間』を設けます。

準備期間では、軽めの和食など消化のいい食事をこころがけ、夕食は酵素ドリンクなどに置き換えにするなどにします。

回復期間では昼からおかゆなどの食事から徐々に通常食へ戻していきます。

週末ファスティングのプロセス

週末ファスティングは土日を利用して行うファスティング。

なので、ファスティング期間としては1日~2日間になります。

1日にするか、2日にするかは自分の判断で結構です。

今回は1日だけとした場合のプロセス(やり方、流れ)をお伝えします。

1日目

ファスティングでいう『準備期間』になります。

軽めの食事で過ごし、夜は食事を酵素ドリンクなどに置き換えなどをして過ごします。

ファスティングの準備運動だと思ってください。

2日目

ここからが本番。

丸1日固形物をとらずに過ごします。

お腹がすいたら酵素ドリンクなどを飲みます。

酵素ドリンク以外であれば、スムージーなどでもOK。

3日目

3日目は『回復期間』になります。

胃腸を元の生活へ戻していく期間です。

朝は酵素ドリンクなどで過ごし、昼はおかゆなどで胃腸を慣らしていき、夜から食べれそうであれば通常食に戻します。

注意したいのは、ここで一気に食べ過ぎてしまうとリバウンド一直線なので、食べ過ぎないこと!

週末ファスティングの効果

週末の1日2日なら、食べないくらいできそう、と思った方も多いのではないでしょうか?

この気軽さこそ、週末ファスティングの魅力。

ちょっと飲みすぎたので、体調管理にやろうかな、という軽い感じでもOKです!

外見に現れる変化

週末ファスティングをすることで、少し体重が減る方もいれば、むくみが減ったという方もいます。

1日だけでも食べない時間を作ることで、見た目もスッキリします。

栄養素も摂取するので、やつれて見えるということもありません。

内面に現れる変化

ファスティングをすることで変化があるのは【腸内環境】です。

まず胃腸を休ませる効果、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)を整えてくれる効果があり、短期間のファスティングでも便秘が解消したという方もいます。

食べない時間を作るということは、食習慣を断つということ。

食べないなんて、無理!が消えているかもしれません!

週末ファスティングで必要なもの

週末ファスティングを実際にやる場合に必要なものは、基本的にはファスティング期間に飲むドリンクのみです。

基本はより腸内環境を整えるために酵素ドリンクを使用しますが、週末ファスティングくらいの短い期間であれば、それ以外を使用しても問題ありません。

おススメのドリンク3選をご紹介しますので、参考にしてみてください。

おススメのドリンク3選

ファスティングの基本は酵素ドリンクになりますが、週末ファスティングで使用するのであれば必須でなくても大丈夫

おススメのドリンクをご紹介します!

酵素ドリンク『KOUSO』

画像

ファスティングといえば酵素ドリンク。

ドラッグストアなどでも販売していますが、気を付けたいのは成分。

清涼飲料水と表示されているものは控えましょう。

ご紹介する商品はAmazonで簡単に購入することができます。

スムージー『カゴメ野菜生活100グリーンスムージー』

画像

自分で作ることもできて、お手軽なスムージーも週末ファスティングにはピッタリです。

コンビニ、スーパーどちらでも購入が可能なスムージーをご紹介します。

野菜ジュースでも有名なカゴメが作ったスムージー。

甘酒『玄米甘酒(プレーン)』

画像

酵素ドリンクと同じく発酵された飲み物ですが、原料がお米になるので、栄養素としては問題が残りますが、週末ファスティングくらいの日程であれば代用品としても問題ありません。

ご紹介する商品はスーパーフード「玄米」を原料に作られた甘酒です。

玄米は不溶性の食物繊維を含んでいる食べ物なので、食物繊維を補うのにも有効です。

週末ファスティングの効果を維持するために

週末だけとはいえ、せっかく行ったファスティング。

たった数日でも体が軽くなり、スッキリした感覚を覚える方も多いはず。

この感覚を続けたい!元に戻るのはもったいない!と感じるなら、その効果を維持させる必要があります。

ファスティングの効果を維持させるには、体にファスティングの状態がいつもの自分の状態だと覚えさせる必要があります。

その方法をご紹介します。

回復期間を長めにする

回復期間が終わっても、なるべく基礎代謝に近い食生活を心がけるとファスティングの効果が長続きします。

例えば、準備期間1日、ファスティング期間1日、回復期間だけ3日~5日作る、など。

日程は自分の好きなだけしてかまいません。

単純に置き換えをするだけでもOKです!

短いスパンで週末ファスティングを行う

回復期間を長く設定するのが難しい方であれば、週末ファスティングを繰り返すのも方法のひとつです。

例えば、1か月の中で週末ファスティングを2~3回行う、など。

期間やスパンは自分の都合にあわせてOK。

ファスティングの効果を持続させるには、持続させたいという気持ちとその行動が大事です。

この記事を書いた人

35歳を過ぎたあたりからホットヨガや食事制限、ウォーキング、何をしても1キロも痩せなくなる。腸内環境を整えると効果が出ることに気づき、そのさなかにファスティングに出会う。1年で5~6回のファスティング経験を踏まえてアドバイザー資格を取得。自分の体で人体実験を繰り返しながら研究中。

目次
閉じる